横校労
ニュース
398号
2006年8,9月

目次

1. 学校の風景
2. 現場に横行する恣意的な勤務時間管理を放置するな!!
−06年度組合統一要求書を提出する−
3. 横校労のしたたかさが好き!
4. 私たちは、 どこまで〈改革〉現場を喝破できたのか?
5. 井澤さんの思いはつなげられなければならない
6. 堺市立学校の労働安全体制を追及
7. 個人記録のはずが、 実は市教委のCPの中に。
−出所も中味も怪しい開示文書を読む−
8. 職場だより 教室のごみは 「事業系」 ?
9. トロント便り 第2便 ただいま研修継続中
10. 映画 「蟻の兵隊」
11. 「最期」 の始め その16 「ゃまひるとのけっとう」
12. 専従の市政ウオッチング
13. 夏炉冬扇
14. 編集日記
   
   
   
 


夏炉冬扇

8月
22日 (火) 23日 (水)   全国学校労働者交流集会に参加
30日 (水) 働き方パンフ作成委員会
31日 (木) 執行委員会

9月
 6日 (水) 北支部会
 7日 (木) 執行委員会
12日 (火) 退職強要裁判第三回弁論
14日 (木) 執行委員会
19日 (火) 南支部会

編集日記

編集後記
※ 夏休みはいかがでしたか。 目いっぱいでパンクしそうだった七月のことを思えば、 回復してまた元気に生徒たちに向かえそうだと思ったものの、 いざ生徒群の中に入ってみると、 身体がおののいているのを感じざるを得ません。 二学期制のこともあってもう、 目いっぱい、 冷あせが出る九月をすごしています。 
※ 小学校教員希望者を対象に 「教員塾」 なるものを設置し、 採用試験では特別枠というお土産をつけるという。 塾長はあの義家氏というのが冷あせものだ。 「しっかりやらないと“特別枠”をはずすぞ」 なんて怒ったりするんじゃないか。 もっとも問題なのは塾の中身だが… 「教育」 塾ではなく 「教員」 塾じゃ、 みえすいてるけどね。 
※ 若い頃に見た年配教師たちの余裕たっぷりな仕事ぶりは、 俺にはついに来なかった。 
    (T)