●ホーム●ニュース●コラム●07.10
横校労ニュース
トピックス
●コラム(連載)
深やんの学校シッセキ簿 その6
―― 自然教室やめちゃいません? ――
 お元気ですか? 体育祭が終わり文化祭 (合唱祭のところもあるのかな) の時期になってきましたね。 連日、 超過勤務じゃないですか? 勤務時間を超えてしまうことが予想される学校行事については、 一か月前に 「勤務時間の割り振りの変更」 をするんですけれど、 きちんとやっていますか、 あなたの学校の管理職は? 「皆さんの努力で、 地域の方々からの信頼を得られています。 ともに頑張りましょう。」 なんて言葉でただ働きさせられていませんか? 四月当初に 「超過勤務の扱い」 について職員で話し合い、 「申し入れ書」 を管理職に突きつけ、 回答を文書で提示させるのがベストだと思うんですが ・・・ 職場によっては無理なところもありますよね。 じゃあ、 こんなのはどうでしょう。 自分の机の上に一〇センチ四方の紙を貼って 「今週の超過勤務合計時間 〜時間 ・労基法違反・本校管理職は禁固刑か」 と終末金曜日の放課後に書く。 職場のみんなの同意が得られれば 「今週の超過勤務時間の平均〜時間・労基法違反・本校管理職禁固刑間近」 と見えるところに貼る。 効果あるかもしれませんよ。
 一〇月一二日財政制度等審議会 (財務省の諮問機関) で文部科学省が要求する教職員の定数・給与増についての議論がされたとのこと。 「小中学校の教師が一日あたりの労働時間が一〇時間四四分とあるが、 授業に充てているのは三時間二九分にすぎず、 残りの時間は会議・打ち合わせなど事務の合理化で縮減できるものも多い。 まだまだ余裕があるはずだ」 さらに会合後の記者会見で西室泰三 (元東芝社長・現東京証券取引所社長) は 「なぜこんな要求が出るのか、 あっけにとられている」 ・・・ 腹が立ちませんか皆さん。 大企業の社長さん、 利益を上げるためには、 サービス残業は当たり前、 社員の家庭生活がぶっ壊れようと、 病気になろうと、 自殺しようとお構いなし。 あなたの言う“合理化”は 「ただ働きと首切り」 でしょ。 合理化なんて気の利いた単語使わないでよ。 だいたい、 「教師」 の何を知っているの? あなたに口出しする権利があるんですか。 皆さん、 こうなったら修学旅行も自然教室も行事全部やめちゃいません?                                                                (深澤 裕)
©1999-2005 横浜学校労働者組合
本サイトの内容を無断で他に転載,複写する事を禁じます。