●ホーム●ニュース●コラム●08.06
横校労ニュース
トピックス
●コラム(連載)
深やんの学校シッセキ簿 その十三
 ――免許更新研修って役に立つ?――
 お元気ですか。 宿泊行事真っ盛り、 疲労もピークに達している人が多いのではないでしょうか。 それにしても宿泊行事というのは大変ですよね。 朝七時に集合してから生徒就寝時間まで、 気配り目配りでヘトヘト。 昔、 新聞の四コマ漫画で、 修学旅行を 「猛犬の散歩」 に例えていたものがありましたが、 まさにその通り。 職員の最終打ち合わせが一一時位。 その後、 全員で最終見回り、 懐中電灯片手に一部屋一部屋事前の名簿と照らし合わせる。 人数が合わなかったらさあ大変。 大捜索に指導も含めておよそ一時間。 気がつけば一時近く。 そしてやっと入浴。 ボイラーを切られ冷たくなった風呂に身を沈めて 「早く終わらないかな修学旅行」。 「将来は、 先生たちにもお金を積み立ててもらうようになるかも」 なんて話しを聞いたことがありますが、 そうなったら行きませんよね。 教育課程の見直しより、 こんな行事の見直しの方が先じゃないでしょうか。 そう思いませんか、 皆さん。
 話は変わりますが、 教員免許更新に伴う研修についてのプリント配られましたか?
  「私が研修するのは〜年だから、 あと〜年か。 そこで退職しようっと」 なんて言ってる人も多かったですね。 内容を見ても最前線で仕事している教師を集めて 「教育の最新事情」 ですって。 大学まで行って講義を受けなきゃいけないことですか?。 「ふざけんなよ」 って感じですよね。 聞けば、 自費で参加とか。 昨年度三一年次研修とかいう中途半端な年数の研修を受けましたが、 内容もいい加減なもので 「地域連携」 とか 「マネージメント」 とか現場にはどうでもいいいような話で、 担当指導主事からは 「あまり具体的な、 つまり現場が大変だとかマイナーな発言はしないようにお願いします。 せっかく横浜の教育にお世話になっている〈大学の高名な〉先生に来ていただいておりますから前向きな発言をお願いします」 なんて言われたり。 きっと、 今度の研修も同じですよ。 間違いない。
 追伸、 スクールガードという代物、 今どうなっていますか。 鳴り物入りで導入された防犯機器。 誤作動が多くて、 無駄な階段ダッシュをさせられたあの設備。 機械ですからメンテナンスが必要だと思うんですが、 各職場で 「メンテナンスがどうなっているか質問してみて下さい。」 ちなみに、 リモコンの電池っていくらするか知ってますか?聞いてびっくりしますよ。 是非調べてみてください。
    (深澤 裕) 
©1999-2005 横浜学校労働者組合
本サイトの内容を無断で他に転載,複写する事を禁じます。