●ホーム●ニュース●トピックス●組合大会・組合関係→'00.10

横校労ニュース
トピックス
●組合大会・組合関係
横校労の取り組みがわかります。


集会案内「教育改革と教員の働き方を考える集い」
 さる9月22日に、 奉仕活動の推進を目玉とする教育改革国民会議の中間報告が出されました。 また、 2002年には学校五日制が完全実施され、 総合学習を含めた新教育課程が全面実施されます。 学区制の撤廃などの規制緩和・自由化政策の進展、 さらには、 東京を先鞭とする学校における人事考課制度が導入など、 戦後の学校制度が根底から変えられようとしています。
 このような中で、 地域作りの指導者として教師像が打ち出される反面、 臨時職員の大量雇用が予定されており、 終身雇用制度・年功序列制度を基本とした戦後の学校の労使関係も大きく変わり、 教員の働き方も大きく変えられようとしています。
 私たちはこのような情勢に抗して、 より多くの人々と仕事を分かち合い、 より短く、 よりシンプルに、 より楽に働けるにはどうしたらいいのか、 皆様とともに考えていきたいと思っています。 ご多忙の折とは思いますが、 下記の集会にご参加ください。

主催   横浜学校労働者組合
講演   岡崎勝 (愛知県小学校教員・ 「おそい・はやい・ひくい・たかい」 編集人)
日時   11月11日 (土) 4時〜7時
場所   神奈川県民センター
集会内容 講演・ 「新教育課程と教員の働き方」 を考える
     コメンテイターからの発言
     会場を含めた討論
     横校労からの行動提起
集会PARTU・Vの予告
     2001年2月  「階層分化を拡大する教育改革」
     2001年5月  「学校における人事考課の導入と教員の働き方」

 

© 1999 2000 横浜学校労働者組合

本サイトの内容を無断で他に転載,複写する事を禁じます。