●ホーム●ニュース●トピックス→●勤務問題

横校労ニュース
トピックス
●勤務問題
私たちは決して「遅出早帰り」ではない。
今までの記事

人事異動顛末記
二〇〇四年一二月〜二〇〇五年一月'05.01

バイク通勤ができない!?'04.12

教職員は心をもたない将棋の駒なのか
新人事異動要項にみる学校サバイバルの始まり'04.12

市教委の教育公務員特例法の解釈はデタラメだ!
―動静表には、 年休と夏季休暇、 そして部活と官製研修しか書かれていない―'03.8・9

学習会報告 人事評価制度で学校が良くなることはない'03.04

措置要求勝利 変形八時間制導入へ
――宿泊行事に係わる勤務時間について――'03.04

寄稿 私も措置要求をしました
移動時間は休憩時間?'03.02

=神奈川県における新人事評価制度をどう見るか='03.01

措置要求の反論書
教育委員会様、 教職調整額は時間外勤務手当ではありません。
もっと勉強してください '02.1

読者・Q&Aコーナー'01.11

二〇〇二年学校五日制完全実施と週40時間勤務体制の確立に向けた課題'01.11

読者・Q&Aコーナー 校長のムボウな発言。 何とかならないの?'01.10

休憩を取らせないのは労働基準法違反である'01.6

読者・Q&Aコーナー 帰る時は研修承認簿に書いてから帰る?'01.4

ちゃんとした休憩とれてません'01.3

読者・Q&Aコーナー 超勤手当は4%で支払ってあるといわれたら'00.11

「教職員の勤務時間について??」 パンフ  撤回要求対市教委交渉報告'00.8・9

違法な勤務時間体制の固定化は許さない 335号'00.5

「教職員の勤務時間について??」 パンフレットの必要は??
例外事項の意図的な引用を止め、 規程文書の原則表記に改めよ!333号00.2

市教委文書 「教職員の勤務時間について??」331号'99.12

校長説明会は既に組合通告済みなのか?!328号'99.8,9

勤務時間問題はまだ緒についたばかりだ 327号'99.7

8時間分の連続労働プラス超過勤務なんて、 あり?327号'99.7

校長よ、 自らの専決権を放棄し、市教委にお伺いを立てるな!326号'99.6

「 変形労働時間制 その今日的意義 」学習会報告 325号('99.5)

「命じる対象でない超過勤務」 ってなに?325号('99.5)

「遅出・早帰り」 なんてよく言えますね。325号('99.5)

「今までとあんまり変わんない」 ですか?324号('99.4)

自然な感受性 323号('99.2,3)

市教委交渉から各職場校長交渉へ 323号('99.2,3)

― 勤務時間の規定通知案(骨子)提示される ― 322号('99.1)

現場から考える これでいいのか 「勤務時間問題」 321号('98.12)

11.13 勤務時間問題討論集会 320号('98.11)

市教委の無責任さを露呈する報告文書提示 320号('98.11)

 

© 1999 2000 横浜学校労働者組合

本サイトの内容を無断で他に転載,複写する事を禁じます。