18の個性(ユニオン)を紹介します。地名をクリックしてください。

 

アイム'89東京教育労働者組合(アイム)

石原知事が再選され、右を向いても左を見ても、まっ暗やみの東京でございます。東京がスタートになって全国へと悪の種を撒き散らしています。“どっこい、こちらも強かにやらせてもらうぜ”。そんな組合が、アイムです。アイムらしさを大切に、仲間を支援し守り抜き、みんながやりたいことを積極的にやれるアイム‘89であり続けたいと考えています。
  http://www.t-net.ne.jp/~aim98/

→地図にもどる

東京都学校ユニオン
 1997年の足立16中事件以後、都教委&土屋・田代・古賀の極右都議&産経新 聞による東京の平和教育破壊攻撃と真正面から断固、闘い続け、06年3月31日、 増田さんは報復分限免職処分を受けました。しかし、本年2月14日東京高裁 に、都教委による増田個人情報の3悪都議への提供は「不法行為」と認定させ、 4月27日には東京地裁に、3悪都議による増田さんへの誹膀中傷本を名誉毀損 の「不法行為」と認定させ、2連勝。分限免職処分取り消し裁判も皆さんの支 援連帯で闘い、断固、勝利していきます! 

→地図にもどる

大阪教育合同労働組合(教育合同)

 「教育現場の労働者が、だれでも入れる、みんなでつくる教育合同」。幼稚薗から大学、予備校、専門学校など教育に関係する労働者が職種・雇用形態を問わず加入しています。近頃では、大学の外国人・非常勤講師やNETの解雇問題で大きな成果を上げ、「日の丸・君が代」、反戦平和闘争、労働委員会闘争などで大阪全労協やユニオンネットとともに地域共闘も盛ん。ホームページでも教育合同(EWA)を知って下さい。   
http://www.ewaosaka.org E-mail:info@ewaosaka.org

→地図にもどる

春日井学校労働者組合(春学組)

  '87年春、我々は腐り切った御用組合から決別し、独立組合の旗を うち立てた。以来、学校労働者の生活権破壊の上に成りたっている春 日井の学校現場に楔を打ち続けてきた。超勤体制の打破、研修権の拡 大、職場環境の改善、「日の丸」「君が代」の強制阻止……等々。  今年も、交渉を軸に、教委・管理職と対峙していく

→地図にもどる

がっこうコミニュティユニオン・あいち(アスク)

 1988年組合結成以来、変幻自在の闘いをしてきた。組合の信条「いつでも、どこでも、なんでも労働条件!」 は不滅です。今日を嘆くヒマがあったら、なんでもいいから労働闘争をしかけよう、そんな気分の組合です。そして、「闘争にも休息・休憩を!」。

→地図にもどる

教育合同労組・愛知(きょうどう愛知)

 今、愛知でピッカピッカの生まれたて。公・私立を問わない、全ての職種、「有期雇用」職員も参加できる労働組合の性格をあわせ持つ混合組合です。

→地図にもどる

学校労働者ネットワーク・高槻

  忙しい学校現場で決して実現したことのない休憩時間……まじめに超勤 して働き続け、心身をこわしてやめていく仲間の増加はとまりません。労 働者にとってあたりまえの休憩時間をとりもどすために始めた「休憩時間 裁判」は3年がたちました。際限のない労働実態にクサビを打ち、アタ シ・オレ流に職場に根を下ろした組合を目指しています。
ホームページ<心のノートガラガラポン>
 http://homepage3.nifty.com/gakuronet-takatsuki/

→地図にもどる

北九州がっこうユニオン・うい

 生き辛くなればなるほど、独立組合としてのニーズは高まっていると年々 確信する今日この頃です。北九州の地でも、少数ながら微力ながら雇用形 態の枠を越えて闘うものが手を繋ぐことを実戦していくしかないですね! 職場で孤立感を感じたら、ういの扉を叩いて欲しいと思います。そして、 それを受け止めることのできる組合へ進もう!
HP「素敵に不適格!」 http://ww2.tiki.ne.jp/~ui-maki/

→地図にもどる

コム・ユニオン富山(COM)

 ネオリベラリズムが一番嫌うのは、労働組合である。その結合のしかたである。 そして、やられっぱなしのわれわれの唯一最強の武器が現場における組合交渉 である。われわれはもぞもぞと体を動かし、お互いの校長交渉に加勢しあう。 ネオリベラリズムに抗する「コム・ユニオン(=組合的結合)」の旗の下に。

→地図にもどる

富山教育運動ユニオン

 32年前から主任制が学校現場に定着し、日の丸・君が代も100%実施さ れてきた富山の地にも新しい「教員の評価制度」が導入されようとしてい ます。しかし、これほどまでに教員を管理し尽くしてしまった上に、一体 どのような「評価制度」を上乗せしようというのでしょうか。県教委もそ こが泣き所のようです。私達はこのような富山の地で18番目の独立組合と して、しつこく、しぶとく闘っていきたいと思います。

→地図にもどる

埼玉教育労働者組合(埼教労)

 主任制と養護学校義務化に反対する闘いの中から‘8O年に誕生して28年 目。年次研修拒否から日の丸・君が代裁判まで取り組んだ課題は多い。 ‘04年には、県内の複数の組合と「学校ユニオン埼玉」を結成し、埼教労 とは別の形での対県交渉もやっている。昨年度から実施の人事評価制度に 対する闘いや超過勤務の解消を目ざした闘いもしぶとく続けている

→地図にもどる

堺・教育自主労働組合(堺・自主教組)

 権利を行使しよう。そして、いい仕事をしよう。 誰かに命令されてやる、上から指示されて動く、そんな生き方、そんな組合はもういらない。自分で考え納得して生きていこう、としています。 
 自分が大切にしている仕事場に土足で入ってくる奴には靴をぬいでもらいたい。そうしない時にだけ、はじめて反撃をする、という極めておくゆかしい組合です。

→地図にもどる

静岡県学校労働者組合(がくろう・静岡)

 旧来の左翼史観は光を失ったかもしれないが、市場主義の中、現場の労 働条件は悪くなっている。団塊世代もひとり去り、ふたり去る中、いよい よ「人事評価」攻撃がはじまる。わが極少独立組合がどれくらい残れるか わからぬが、他人から自由に生きていると言われたい!
→地図にもどる

瀬戸がっこうユニオン(ユニオン)

 サービス残業摘発、過労死多発を経て01年4月厚生労働省が「使用者は労働時間を適正に把握するように」という通知を出した。葬り去りたい当局を相手に、この通知を現場で実施させようと闘ってきた。まだまだコールは見えないが、8時間労働ですむ当たり前の働き方を実現したい。

→地図にもどる

千葉学校労働者合同組合(学校合同)

 想えば16年前、湾岸戦争があった年に私たちは小さな産声をあげた。あ の時のPKOがガイドライン法となり、「国旗国歌」法、さらに9.11を□実 にとうとう有事法制にまで手が届き、「憲法」改悪を視野に置いた「教基 法」改悪に着手。そして、アメリカのイラク攻撃をいち早く支持、お上に たてつく学校労働者には「不適格教員」、子ともたちには「心のノート」 で内心の自由を奪い、とうとう自衛隊をイラクに派兵。ついに「教基法」 改悪に至った。この出□を見つけるのは独立組合だけ!                     http://www.mdn.ne.jp~ggk/

→地図にもどる

兵庫県自主教育労働者組合(自教労)

  口を開けば教育委員会、管理職は「子どものため」と言う。 自ら進んで子どもと距離をとって、おとなの世界でのポジションを求めた者が、「子どものため」と称して学校労働者の権利侵害におそいかかってくることは断じて許さない。「君たろは『子どものため』などと工工カッコ言うんでない。我々学枚労働者の権利を、せめて法律で決まって いる程度まで守れ。 それもできない者に『子どものため』を口にする資格はまったくない」を口上に、管理職を日々、啓蒙・教育・説得・追求・糾弾している我々である。

→地図にもどる

山梨教育運動ユニオン・YEMU(エム)

 結成14年、YEMUは、少人数ながらもしがらみのない立場で自由で自立 した運動を継続してきました。そのことで、組織に従属した癒着談合の利 権的な運動を越えた、市民的な教育運動のみちすじが開けてきています。 もはや組織エゴは行き詰まり、現場は閉塞しています。癒着談合がさらに 進み、ますます自立性が失われ、教職員評価には迎合すら感じます。 YEMUは市民的な、自由で自立した教育運動をさらに進めます。

→地図にもどる

ユニオンらくだ・がっこうグループ

 ある者はいつか仲間にめぐり会うことを願いながら一人で歩み続け、ある者は大きな組織の中で流され続けることを良しとせず、又ある者は自分の思いを自分の言葉で語ることの困難さを 感じ始めていた。様々な経験からめぐり会った仲間たち。多数に流されず、−人で漂わず、微笑みながら鋭く見つめ、しなやかにしたたかに闘い続けて行きましょう。

→地図にもどる

横浜学校労働者組合(横校労)

 77年9月の結成から30年。いま、横校労は一人ひとりが老境?にさしか かりつつあります。老境はしかし、円熟期の別の謂でもあります。そこで 闘うのが、日々悪化する勤務条件であり、自動車通勤問題であり、条件附 き採用者に対する退職強要の実態です。  誰もがいつも少数だったけれど、少数であることに負けては来ませんで した。現場というフィールドで闘ってきたという誇りを忘れずに、あと少 し、憎まれてみたいと思っています。
http://www.ne.jp/asahi/yokokourou/home/

→地図にもどる

© 2000-2006横浜学校労働者組合

本サイトの内容を無断で他に転載、複写する事を禁じます。